趣味起業に関する最新情報をお送りさせていただきます!

どうやったら趣味で生計を立てることができるのか?

しかも、趣味の関連商品を売ったり、教えたりするのではなく、ずばり趣味そのものを楽しむことで、家族を養うことなんて、普通は無理でしょう。

でも、私はそうやって暮らしてます。

その秘訣を知りたい方は、いますぐメルマガに登録してくださいね!

もちろん無料で購読できますよ!


また、私が事業を行う際に経験したことや、セミナーなどで勉強したことを中心に書かせていただいております。

購読をご希望の方は、こちらよりお申し込みくださいませ!
 
3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早く復興することをお祈り申し上げます。


●11月10日(土)に大阪にてセミナーを開催いたします!詳細は、こちらです!
●2月17日(金)に大阪で九州ベンチャー大学を主宰している栢野氏主宰のセミナーにて
講師をさせていただきました!詳細はこちらをご覧ください!


趣味を本気で楽しめば楽しむほど稼げてしまう方法とは?

週末に楽しみながら
毎月20万円の
副収入を稼ぐ方法!


〜趣味をやりながら稼げる、とっておきの方法を教えます!〜
プロフィール  メールマガジン  ミッション(著者の使命)  コンサルティング  7つのステップ
 おすすめの本  リンク集
  雑誌に掲載されました!  メールセミナー

   2011年4月20日・・・私の主催するテニスの大会が8周年を迎えました!

   
2009年10月25日に松戸市主催のフォーラムにて講演をいたしました!詳しくは、こちらへ!

2007年1月にNPO法人・週末起業フォーラム主催の
第一回週末起業家大賞にて「週末起業家大賞」を受賞しました!
上の写真はそのときのものです!(この日の総評は、こちらです!)

さらに、受賞記念講演を開催いたしました。そのときの詳細は、こちらです!

 「趣味で稼ぐなんて、不可能だ!」
 
 「趣味と仕事は別のもの!」

 「趣味が仕事になったら、どんなに 楽しいだろう!

 ・・・でも、そんなの無理に決まってる。。。」
 
 私も、最初はそう思っていました。

 でも、この方法を試してみると・・・

こんにちは!

このたびは、私のホームページにお越しくださいましてありがとうございました!

これからお話しすることは、ひょっとするとあなたの生き方自体を
大きく変えてしまうかもしれないほどのインパクトのある方法についてです。

しっかりと心の準備をしていただく必要がございますので、前置きも含めると
かなりの長文になりますが、最後までお付き合いくださいませ!




2004年の初夏のころ、私は、会社を辞める決断をしました。


そして、それから数日後のある夜、私は先輩と居酒屋で、こんな会話をしました。



先輩:「で、会社辞めてどうするの?」

わたし:「テニスでメシを食っていきます!」

先輩:「え?おまえバカじゃないの?
  そんなにテニスうまかったっけ?
  コーチもやったことないんでしょ?
  それで、どうやってメシを食うって言うの??」



確かにその通り。


私は、別にそんなにテニスはうまくはないんです。


プロでもないし、コーチ経験もない。大学時代にはじめたけど、ただテニスが好きなだけで、
特別強かったわけではなかったんです。


当然、全国大会はおろか、県大会などにも縁の無い、ただの週末プレーヤーでした。



でもね・・・好きだったんですよ!テニスが!!


いまだから正直に言います。



仕事よりも好きだったんです!




それで、先輩にはこう言いました。

 
わたし:「確かにそうなんですけど、○○っていう方法で、
   生活できるかもしれないんです。
   実際、いまもそのやり方で一ヶ月に○○万円ぐらい、
   テニスでの収入があるので、・・・(略)」

先輩:「へぇ〜、そうなの?じゃあ、頑張ってみれば。」



・・・そして、数ヵ月後、私は会社を辞めました。



2004年7月末のことです。


転職という道もありましたが、結局、他の会社に就職はしませんでした。



そして・・・会社を辞めてから、数年がたちました。



ちなみに、私には妻と二人の子供がおります。


しかも、妻は子供が小さいということで、専業主婦です。


つまり、現在は、私が趣味のテニスを楽しむことで、一家を支えているんです。


「そんなこといったって、どうせ、テニス用品のネット販売か何かでしょ?」


そう思われても仕方ありません。でも、そんなんじゃありません。


なんと、そのままズバリ、趣味をやることが仕事なんです。


つまり、私の場合、


・・・テニスの試合をやることが仕事なんです。




ちなみに、ピーク時には、1ヶ月にだいたいテニスの試合を100試合ぐらいやってました!


日数でいうと、約20日。


これ、会社勤めの人の出勤日数とほぼ同じですね!



そんなに、テニスばっかりやってるんだから、楽しくないはずがありません。




・・・実は、ある方法を使うことで、趣味でお金を稼ぐことが出来るんです。


しかも、手に入るのは、お金だけではありません。


これだけ、趣味に没頭できるんですから、当然、いままでより自分の技術が格段に上がります!


さらに、普通ならなかなか出会えない、同じ趣味を持った貴重な仲間がたくさん手に入ってしまうんです。


素晴らしいと思いませんか?




改めまして、はじめまして!私、プチ大会コンサルタントの杉下と申します。

もうすでに告白したとおり、私は名もないただのテニス好きの1プレーヤーです。

(私の自己紹介・・・というより、このようなことをすることになったさらに詳しい経緯は、こちらをクリックして見てください!)




このホームページを立ち上げた理由。それは、とても単純なことです。



「あなたにもできる、「趣味を仕事にする方法」を伝授すること」


「あなたに趣味を満喫していただき、たくさんの仲間を増やしていただくこと」


「あなたの生活、いや、人生をより豊かにしていただくこと」



それだけです。



「それだけって?そんなに簡単に言うけど・・・」


そう思われても仕方ありません。


なぜなら、趣味でメシを食うとは言っても、 普通、プロになるか、コーチや先生にならないと、無理ですよね?


でも、そこまでの技術が無いとして、それでも、趣味で稼ぎたい思ったら、ショップとかその趣味を
行なっている施設で働くというのが、定番だと思います。


でも、これでは、間接的に趣味に関わっているわけで、趣味そのものを楽しむことで、稼いでいるわけではありませんよね?




つまり、
プロになる以外は、趣味を実行することで稼げないんです。普通は。



例えば、・・・あなたの趣味が野球をすることだとすれば、それは、プロ野球選手になるしかないということなんです。

(社会人野球の選手と言う道もありますが、会社から給料をもらっているのだとすれば、野球で稼いでいるとは言えませんよね!)

でも、ご存知の通り、プロになるのは、野球に限らず狭き門です。それに、単に好きなだけでは、とうてい実現できません。


だから、「趣味で稼げたらいいなぁ」、などと、考えたとしても、

       
「自分は、人に教えるほどうまくないし、ましてやプロではない」

と言うことで、すぐにあきらめ、その気持ちを心の奥底に封印してしまうのが、普通なのではないでしょうか?




でも、私の場合は違いました。

なんとかして趣味を仕事に出来ないか。

サラリーマンをやりながら、毎日毎日、通勤時間にいろいろな本を読んだり、いろいろ考えたりしながら、
長い時間をかけて、試行錯誤しておりました。



そして、ついに、趣味をやりながら稼ぐ方法を編み出したんです!


繰り返しますが、この方法で、私は現在、一家を支えています。

しかも、会社を辞めて、3年以上、支え続けています!

もちろん、今もです!



この方法、シロウトプレーヤーの私ができたんですから、誰でも実践できるはずです。



そんな、究極のノウハウを、今回、皆さんにお伝えすることにいたしました。




本当に誰にでも出来るのか?

はたして、自分にもそんなことが出来るのだろうか?そう思われた方もいるかも知れません。



誰でも、初めての試みには、不安を抱くものです。

ましてや、趣味を仕事にするなんて、非常識この上ないですからね!


しかし、今回、お伝えするノウハウは、あくまで素人でも行なえる範囲のものです。


何度も繰り返しますが、プロ級の腕前など必要ありません。




あなたが、趣味で稼ぐために必要なもの。

それは、ほんのちょっとの知識と行動力だけなのです。

実際に私が持っていたものは何かと聞かれたら、こう答えるようにしています。


  ・ 大好きな趣味があること

  ・ 人と関わることが好きだということ

たったの2つです。

この2つさえあれば、なんとかなると思います。





いかがでしょう?これならあなたにも実践できると思いませんか?



さて、ここで、ちょっとだけ、タネ明かしをしましょう。


私がずばり、何をしているのかというと、それは、・・・
テニスの大会を開いています。


・・・とは言いましても、ただの大会ではありません。





なんと、主催者自らが参加できる仕組みになってるんです。




そして、この大会(プチ大会と名付けました)を、継続的に開催している
だけなんです





この全く新しい非常識なビジネスモデルのおかげで、私自身、楽しみながら趣味で生計を立てることが可能となりました。


私の場合、初開催から約4年で参加者がのべ10,000人を超えており、参加費が4500円(定価。2004年までは3500円)ですので、単純に計算しても


売り上げは4000万円を軽く超えています!

(ちなみに、2005年・2006年の売り上げは1000万円を超えました!)





繰り返しますが、自分も一緒にプレーして楽しんで、強くなって、収入が得られるんです




つまり・・・



あなたも、このノウハウにしたがって、プチ大会を開催することで、

趣味を今まで以上に本気で取り組めてしまうだけでなく、私のように、

趣味漬けの毎日が訪れるようになるかもしれません!



ここまで来ると、趣味が仕事になりますので、
正直、楽しくてしょうがありません!

(とは言え、大会の準備や、参加者のフォローなどは、結構大変です。
楽しいんですけど、決して楽じゃありません。でも、好きなことだからこそできるんです!)



まぁ、そこまで行かなくても、他にもいいことがあります。

 ・自分のやりたい日の都合の良い時間に趣味に没頭することができる!

 ・あなたの考え方に共感した人が参加者として集まって来る!

 ・そして、参加者と対戦することで、趣味の仲間が増えてしまう!

 ・その結果、あなたは試合慣れして、実際の大会などで今まで以上の
成績をおさめるようになるはずです!

 ・しかも、最後に、あなたの手元には、収入が・・・


どうです?いいことばかりだと思いませんか?



さらに、最近、気づいたことがあります。



プチ大会をたくさん開いて、自ら参加すると、かなりのダイエットになるようで
いわゆる、おじさん体型とは、無縁の生活を送っております!


・・・事実、サラリーマン時代と比べて、かなり筋肉質な体になってしまいました。




将来的に病気になる確率だって、普通の生活をしている人よりもはるかに低くなることと思います。






いかがでしょう?いろんなメリットがあると思いませんか?



というわけで、あなたもプチ大会を開催してみてはいかがでしょうか?



でも、実は、大事なのは、継続的に開催することなんです。



なにしろ、趣味ですから、年に1回とか月に1回では面白くありませんからね!



そんなわけで、プチ大会を上手に開催し続けるために、必要な即効性のある
重要なノウハウをお伝えいたします。


そのノウハウの一部を紹介すると・・・

 ⇒
効果的に認知される告知の仕方とは?

 ⇒多くの人を惹きつける効果的な企画のネーミングの付け方とは?

 ⇒土壇場でのキャンセルを劇的に減らす大会の案内の作り方とは?

 ⇒主催者が大会に参加してしまっても、勝手に大会が進行してしまう、
  主催者の手間がゼロになる大会の進め方とは?

 ⇒参加者がもっと楽しめる独自ルールの作り方とは?

 ⇒一人で参加してもすぐに友達がたくさんできてしまう魔法の仕掛けとは?

 ⇒大会の雰囲気を一瞬で和やかにしてしまう魔法の仕組みとは?

 ⇒試合中のもめごとをゼロにする仕組みとは?

 ⇒何度も参加してくれるようにする仕組みの作り方とは?

 ⇒一度参加してくれた人に対する効果的なフォローの仕方とは?

 ⇒自動的にまた来たいと思わせる仕組みとは?

 ⇒効果的なメールの書き方とは?


これらの知識があれば、私同様に、趣味で収入を得て、生計を立てていくことが可能になるかもしれません。


ずーっと趣味に関わる生き方が出来るかもしれないのなら、このプチ大会の開催のノウハウを知りたいと思いませんか?



そこで、私の数々の成功や失敗の経験から得たノウハウの集大成、

「週末に楽しんで毎月20万円の副収入を得る方法!」
を執筆いたしました。


これは、私が、約3年に渡り、合計500回以上の大会開催をしながら作り上げたノウハウを一般の方でも、
プチ大会を開催できるようにアレンジしたものです。


私の経験上、スポーツの大会の開催をメインに書いておりますが、スポーツ以外の趣味でも、問題なく応用できます。

ご参考までにスポーツ以外の趣味をお持ちの方は、
いったんこちらをクリックして、スポーツ以外でのアイデアを、読んでみてください!





そして、このノウハウには、どのようにして、大会を企画するのかと言うことから、どうやって継続していくかまで、
順を追って、マニュアル化してあるので、何から実践すればいいのか、どのようにすればいいのか、
ひと目で分かるはずです。


お申し込みは、ここをクリック!


とはいえ、まだ、不安な方もいらっしゃると思いますので、次にこのノウハウを実際に
購入された方からの感想をご紹介させていただきます。


杉下 正行 様

はじめまして、冨塚晋也と申します。

プチ大会開催マニュアルを購入して拝見しました。

正直、驚きました。 じつに濃い内容でした。

ありがとうございます。



趣味起業関連の某メルマガで、
『プチシングルス大会』を数ヶ月前に知りまして、
大会運営システムを私がやっている、
バスケイベントサークル(http://stars.bstarnet.com/)で、
応用できると以前から思っていました。


そのため、システムを公開した事を知って即買いしました。

そして、すぐにシステムをバスケットボールに合うスタイルに変更し、
大会を開催する準備を行い、サイトをオープンしました。

7月に第1回を開催します。


『1人でも チームでも参加できるバスケットボール大会!』:
http://putibasketball.bstarnet.com/

公開後で申し訳ございませんが、ご報告させていただきました。


冨塚 晋也


冨塚様、感想ありがとうございます!

それにしても、ビックリしました。読んだだけでなく、この感想を頂いた時点で、
すでにサイトも立ち上げているじゃないですか!

しかも、そのサイトを見ると、私の推奨することがきちんと反映されていて、
楽しい大会になりそうなのが、手に取るようにわかります!

・・・もちろん、大会は大成功だったそうです!

やりましたね!!おめでとうございます!!


そして、次の感想は、中小企業の経営管理の研究や勉強会を開催されている
コンサルタントの片桐健様よりいただきました。
(片桐様の事業については、 http://www.cflutinc.com/benkyoukai.htm
   および  http://www.etaidan.com を御覧下さい!)


杉下さんこんにちは
 
見させていただきました。
「プチ大会マニュアル」
 
これは凄い画期的ですよ。趣味もできてお金も貰える。
しかも知り合いまでできる。
 
凄いの一言です。
 
私は何が凄いと一言でいえば大会を開いてお金をもらうというアイデアは
どこでもできる事ですがそこからの仕組みが凄い
 
この本を読ませていただきアイデアがどんどん出てきました。
大会を開催してお金を貰う為のマニュアルとしては完璧ですが
 
それ以上にこのシステムはビジネスに役立つ事間違いなしです。
大会を開かない方でも読んで得する事はあっても損する事はありません。
 
私も今度勝手なゴルフコンペを開いてみます。
今までの何倍も面白いでしょうね。
 
それでは今後ともよろしくお願いします。


片桐さん、ご感想ありがとうございました!

「ビジネスに役立つこと間違いなし」ですか。気づきませんでした。。。。

でも、そうやって見てみると、企画の考え方、集客の仕方、現場の仕切り方など、いろいろと応用が利くのは、確かですね!




さらにもうひとつ。私の開催している、テニスの大会についても、ご紹介しておきます。

私の主催するテニスのプチ大会は、2003年の4月に初めて開催しました。

       テニスのプチ大会のホームページ
       大会の様子などの写真
       参加された方の感想

それから約3年間で500回以上の大会を開催し、のべ8000人以上の参加者を集めて得たものは、
私のテニス人生20年の中で、それまでの18年間で得てきたものとは、比べ物になりませんでした!!

(ご参考までに、2周年記念大会の表彰式後の写真です。)


(ちなみに、最前列の一番右側が私です。)


実際に、他の大会に出た際の成績も格段に良くなりました。

手前味噌ですが、ご参考までに、この大会を始めてから約1年後に、私が残した他の大会での実績をご紹介させていただきます。


・松戸市の団体戦で、昨年まで、負けてばかりであまりチームに貢献できて
いなかった自分が、今年は2度のチャンスに両方とも圧勝!チームの優勝に
貢献できました!


・自分の所属するクラブの内部戦で、昨年は2回戦止まりだったが、
今年はどんどん勝ち進み、結局ベスト4まで食い込むことができた。


・先日の松戸市の市民大会で、昨年は予選の3回戦で敗れたが、今回は悠々と
予選の決勝まで進出。惜しくも本戦出場はかないませんでしたが、昨年とは、
結果も内容も格段に良くなっていました。


最初の方に述べたとおり、私はプロでもコーチでもありませんし、これまでの数年間、なかなか勝てずに
低迷していたのに、このプチ大会を主催するようになって、一気に試合の経験が増え、ちょっとやそっとでは、
負けないようなプレーヤーになったようです。


しかも、皮肉なことに、私のライバルである、毎週末、まじめに練習している人達と比べても、私がダントツの
成績をおさめるという結果となり、我ながら、この大会の仕組みはスゴイと思いました!


そして、継続的に開催することで、常連さんが付き始め、当然ながら、
同じ趣味を持っておりますので、
同じ趣味の話で熱くなれるという、なかなか得がたい友人をたくさん得ることが出来ました。




また、この大会を通して、
参加者たちがどんどん腕を上げ、外の大会で素晴らしい成績を上げるようになり、
私は、参加者たちから感謝までされてしまうようになりました。




実際に、常連さんから、このようなメッセージが寄せられました。


こんばんは。

土曜日の2周年記念大会の時に話したように、今日印西市民大会がありました。
一回勝てればいいかな〜っと思っていたところ、
なんと4回勝ってしまい今度印西市民大会選手権に
出場できることになりました。

勝った本人が一番びっくりしています
まあ、松戸市民大会に比べると印西市は、レベルが低いのもありますけど。


プチシングルスに出るまでは、シングルスなんてしたことが無かったのですが、
大会に参加して、なかなか勝てないのに懲りずに参加して良かったです。
この大会には、強い人が多く参加しているので、いい勉強になりました。

まだ、次にプチシングルスに出る予定は決めていないのですが、
これからもよろしくお願いします。
とりあえずは、お礼だけしたくメールいたしました。


正直、嬉しかったです!

すぐに、プリントアウトして嫁さんに読ませて、一緒に喜びました!

この大会を主催していて、良かったと思える瞬間でした。

お金では買えない「勝利の味」を参加者の皆さんが味わってくれ、そしてまた、
感謝されてしまうんです。

素晴らしいと思いませんか?



さらに、こんなメッセージも頂きました。
これは、2周年を迎えた際にいただいたものです。

「プチシングルス大会 2周年おめでとうございます。

この大会のおかげでシングルスを自分の生活の中にいれる事が
出来ました。本当に感謝しております。
 
シングルスを身近に!!これがプチシングルスの
キーワードですね。
松岡修造が世界に通用するトップジュニアを育成するのも
大切でしょう。
だけど日本のテニスレベルを底上げするのは
プチシングルス=杉下さんです!!
 
感謝を込めてプチシングルスとの出会いや嬉しかったことを書かせて頂きます。
■なにしろシングルスと言えばテレビで見るもの。学生時代に余程テニスを
 した人で自身が無ければシングルスの大会にエントリーなど想像も
 つかない近寄りがたいカテゴリーでした。


 ただ一方でテニスをやっている以上、いつかはシングルスと言うよりは
 一生に一度くらいはシングルスの試合をしたいと思い、インターネットで
 草トーナメントの情報を見ていたところ「プチシングルス」を見つけました。

 ネーミングからすぐピンときました。そしてすぐエントリーしました。

 プチシングルスは私の想像通り、シングルスを始めたい人間には絶好の
 企画でした。

■初めてエントリーした時を思い出して良かったことを下記します。

 1.なんといっても時間制が良い!!
   上手い人と当ってえんえんとやっつけられるのはやはりへこみます。
   下手な人といつまでも試合をしてもあまり面白くない。
   15分はとても適切な時間だと思います。

 2.上手い人と試合が出来る
   普段出来ないスクールのコーチや大会で成績を残している選手と
   試合が出来、これが15分ですから良い経験で終われる。

 3.試合数が多い

 4.クラス別トーナメントが楽しい。

 5.最大の収穫は強いショット、強いサーブが無くてもシングルスの試合が
   出来ることが判ったことです。これからもシングルスを続けよう!と
   思いました。


■シングルスその物の感想

 1.勝っても負けても自分の責任。これが良い。
   勝ったら100%嬉しい。負けても新京成で津田沼に着くころには忘れてる。
   ダブルスで負けると自分が悪いのかパートナーが悪いのかはっきり
   せず、負けた悔しさとは別のなにかが胸に残り気持がドヨーンとする。


 2.テニスだけを考えられる1日がとても心地よいです。
   1人でコートに行ってドローを見て相手やコートを確認し試合。
   初めて会った人との情報交換。上手い人のプレーを何か真似できる
   ことないかな〜とじっと見る。1人でテニスに集中出来るのが良いですね。


   *ダプルスだとパートナーはもちろんクラブで何組かエントリーする
    ので試合をする前から言い訳をする奴、味方にプレッシャーを
    かける奴が居たりでとれもうっとうしいです。


 3.シングルスは格闘技
   1対1っていうのはやってみると格闘技の感覚ですね!自分が
   やらないとやられる。私の感覚ですとボクシングですかね。
   技巧派のボクサータイプと力で押すパンチャータイプ、 テニスでもありますよね!


他にも沢山伝えたいことはあるのですが切りがないのでこれくらいにします。
ゲームとしてのテニスを教えてくれた杉下様には本当に感謝しています。
2周年本当におめでとうございます。

このメッセージを読んで、正直、涙が出ました。

このように、プチ大会を主催すると、このように、
お金以外にもたくさんの
「お金では買えないもの」を、得られるんです!

私としては、このような感動を一人でも多くの方に経験していただけたらと真剣に思っております。


さて、このノウハウ、おいくらだと思われますか?


ちなみに、この大会を開催するにあたり、仕組みを構築するために私が使った金額は、数百万円になります。


その上、テニスの大会は、このマニュアルを作るまでに約200回も主催してまいりました。


その間に、たくさんの失敗や学びがありました。


このマニュアルには、私の失敗を通して学んだことが、当然ながら反映されておりますので、あなた様は、
このマニュアルを手にすることで、私が犯してきた失敗をせずに済むようになるのです。


さて、改めて、このプチ大会開催マニュアル、おいくらだと思います?


100万円?


50万円?


いえいえ、違います。


そんなに高くては、なかなか元が取れませんので、このマニュアルにしたがって、大会を開催すれば、
数回で元が取れる価格ということで、定価を60,000円とすることに、決定いたしました。

しかも、今、お申し込みを頂いた方には、このマニュアルのほかに、
3つのスペシャル特典を付けさせていただきます!


それは・・・

   @メールサポート(質問1つにつき、3、000円)をこのマニュアルのご購入から3ヶ月以内に5回 
      (通常、48時間以内にご返答いたします。)

   A電話コンサルティング30分(定価5、000円)をこのマニュアルのご購入から3ヶ月以内に2回

   Bプチ大会開催セミナーに、特別価格で参加していただけます!
    (2005年中に、何回かセミナーを開催いたしましたが、通常8000円のところを、このマニュアルを
   すでに購入されていただいた方には、4000円で参加していただきました!)

以上、合計すると、なんと、
25,000円分プラスアルファの
サポート
を、今、お申し込み頂いた方に無料で提供させていただきます!
ですので、楽しみながら副収入を得たい方は、いますぐお申し込みください!



でも、急いでください!
このスペシャル特典につきましては、予定数販売後に
終了とさせていただきますので、予め、ご了承ください。



   
プチ大会コンサルタント 特別レポートPDF版
  
「週末に楽しんで毎月20万円の
  副収入を得る方法!」

       (A4サイズ 56ページ PDF)

     

             60,000円 (消費税込)



明日、この一部、または全部を有料で販売することになるかもしれません。


お申し込みの方法は簡単です!


  購入希望の方は、直接メールでご連絡下さい!
  代引きにて発送させていただきます。
  なお、別途に送料・手数料として2000円がかかりますが、
  こちらで、負担させていただきます。


詳しい申し込み方法はココをクリックしてください!

ご質問等は、杉下までお申し付けください。
sugishita@puchispo.com


このマニュアルにしたがって、プチ大会を開催することで、趣味のスポーツを
今までよりも、本格的に楽しみながら副収入を得られるようになると思います!!


最後に・・・


私は、あなた様が、いくら稼ぐことができるか、また、どのぐらい強くなり、
どのぐらい友人が作れるかを保証することはできません。


しかし、プチ大会を開催するにあたっての様々なノウハウは、貴重な実証済み
のものばかりです。


そして、その大事な部分を細かく実践しやすいように書かせていただきました。


しかし、その一方で、このノウハウを世に広めるのを拒む自分がおります。

なぜなら、私自身の成功法をすべてさらけ出しているからです。


つまり、自分で自分の首を絞めていることにもなるかもしれないからです。



ですので、あなたが購入を躊躇されているのでしたら、今、無理して
買っていただかなくても結構です。

あなたが、趣味での起業で行き詰った時にでも、このサイトの存在を、
思い出してくださいね!


最後によくある質問とその回答を書かせていただきます。


Q:なぜ、このノウハウを公開することにしたんですか?

A: このプチ大会ですが、現在、私が一人で開催しているのですが、当然ながら、
一人でできることには限界があります。関わることのできる競技の数にしても、
時間にしても限りがあるのです。
私が一人で開催している限り、私が関われる範囲のスポーツでしか、
開催できないんです。

でも、この仕組みでハッピーになれる人は、もっとたくさんいると思います。

そこで、私としては、一人でも多くの方にプチ大会を主催していただき、楽しくスポーツを
していただく場を増やすことで、たくさんの方にスポーツを通して幸せになって欲しい
(もちろん、主催者がハッピーになることが条件です!)と思い
、このたび、
マニュアル化し販売させていただくことにいたしました。


Q:テニスのほかでは、どんな趣味で大会を開催できそうですか?

A: ざっと私が思いつく限りでも、下記のスポーツでもプチ大会ができそうです。

 ・サッカー(フットサル含む)
 ・野球
 ・ゴルフ
 ・打ちっ放し場でのゴルフ(これは、私も参加してみたいと思ってます)
 ・卓球(すぐにでもできます!サポートしますので誰か開催してください!)
 ・バドミントン
 ・ソフトテニス
 ・バスケットボール(3オン3の大会もいいですね!)
 ・スキー(スラロームのプチ大会があったら、出てみたいです!)
 ・ボーリング
 ・水泳
 ・陸上競技各種
     100m走やマラソンはもちろん、砲丸投げまで。
 ・カヌー
 ・インラインスケート(スラローム・スピード・ホッケーどれでもできそうです!)

などなど、列挙したらキリがありません。

そして、スポーツと呼べるかどうか微妙ですが、
 
 ・ダーツ
 ・ビリヤード

などの大会も開催できます。

さらに、明らかにスポーツではありませんが、

 ・オセロ
 ・将棋
 ・囲碁

などの大会も、もちろん開催できます。

そして、さらに、

 ・音楽(カラオケ含む)
 ・演劇
 ・書道
 ・華道

などの、スポーツとはかけ離れた世界で、しかも、勝ち負けの存在しないようなこと
でも、このノウハウから応用して使うことができる部分は、非常に多いと思って
おります。


ただし、私は、今まで挙げたスポーツやその他の活動に本気で取り組んで
いるわけではないので、私には主催できそうにありません。なぜなら、それらの
ルールや常識・マナーを競技レベルで理解していないからです。

そこで、それらのスポーツなどを趣味としているあなた様には、ぜひここで
プチ大会を開催してみて欲しいのです。


Q:どのぐらいの初期投資をしましたか?

  

第一回の開催のときは、先行投資は、5000円ぐらいでした。

(大会に必要なグッズを用意するのにかかった経費です。)

もちろん、Webでなどで、参加者を集めるわけですので、パソコンやインターネットの回線などが
必要ですが、そういうものは、すでに持っていたもので充分でしたので、このために投資はしておりません。

もちろん、ラケットなどのテニスの道具も、従来から持っていたものを使いますので、投資はしませんでした。
 


・・・つまり、自分の趣味を事業化するので、極端に初期投資が少なくてすむことと思います。

 

Q:営業活動などは必要でしょうか?

 

基本的に、リアルな営業活動はしておりません。

友人にさえ、滅多なことでもない限り、お誘いをいたしません。 

Q:集客はサイトがメインでしょうか?

現在、集客は、サイトがメインです。

もちろん、サイトに来ていただくための施策は、いろいろとやっております。


Q:事務所など持つ必要はないですか?

 

必要か・・・といわれると、微妙です。

 あるに越した事はないのですが、コストの面を考えると、持たずにできたほうがいいかと思います。

 よほど事業が軌道に乗らない限り、足かせになってしまいますので、オススメしません。

ちなみに、私は事務所は持ってません。

 

Q:夢は趣味で生計を立てたいのですが家族もいますのであまり冒険できないのが正直な所です。


私がそうだったように、まずは、週末起業の形でスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

Q、:「構想から、はじめての収入が得られるまでの期間」は、どれぐらいかかりましたか?

私の場合は、半年かかりました。

ちなみに、スタートしてから、会社を辞めて独立までは、1年ちょっとでした。



最後に・・・成功する人のひとつの特性は、決断力の
あることです。このチャンスを逃さないで下さいね!!

お申し込みは、ここをクリック!



  

特定商取引に関する法律に基づく表示はココをクリック!(別ウィンドウが開きます)

当サイトはお客様の個人情報の保護を第一に考え運営しております。お客様の個人情報は、
厳正なる管理下で安全に保管することをお約束します。 また、個人情報は法律によって
要求された場合、あるいは当社の権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き
第三者に提供する事はありません。